Phone Icon048-256-4618

9:30~13:00/14:30~19:30

土曜日:18:00まで 木・日曜休診

Clock Icon

ネット予約

24時間受付中

おおむら歯科医院 > お知らせ

8月11日(木)、12日(金)、13日(土)、14日(日)、15日(月)は夏季休暇の為、休診となります。

尚、8月16日(火)より通常診療となります。

よろしくお願いいたします。

うきま歯科が2022年5月14日の大阪日日新聞様の取材に協力させていただきした。 是非、ご覧ください。

6月13日(月)は特別清掃の為、臨時休院となります。

川口駅より徒歩3分の歯医者 おおむら歯科医院です。
2022年のGW期間の診療は、下記の通りとなります。
4月28日(木)〜29日(金) 休診、
4月30日(土) 土曜診療、
5月1日(日) 休診、
5月2日(月) 通常診療、
5月3日(火)〜5月5日(木) 休診となりますので、ご了承ください。

◎論文

Omura A, Omura M

Physical and Oral Frailty during the COVID-19 Pandemic: Chicken or Egg?

COVID-19 Pandemic: Case Studies & Opinions 2021:02(05);354–355.

 

◎責任著者

大村基守(日大・臨床教授)

 

◎内容

“フレイル”は「病気」と「正常」の中間の状態であり、口のフレイルは“オーラルフレイル(oral frailty)”として、いま大変注目されています。そこで私たちは、コロナ禍における「フレイル」と「オーラルフレイル」の関連を検討しました。

口腔機能の悪化から全身状態が悪化することも、全身状態の悪化の一つの症状として口腔機能が悪化することも、どちらもありえます。この関係は「卵か先か?鶏が先か?」の関係に似ていますが、大切なことは「体は全体として機能しており、体の衰えがあれば歯も大丈夫かな?口の衰えがあれば、体への影響は大丈夫かな?という視点が必要で、いずれも早くからケアすることが、健康寿命の延長につながる』と大村院長は言います。

 

関連pdfリンク

 

川口駅より徒歩3分の歯医者 おおむら歯科医院です。
2021年12月29日は通常診療となります。

2021年12月30日は休日診療となる為、16:30最終受付、17:00終了となります。

2021年12月31日~2022年1月4日までは冬季休暇となります。

2022年1月5日より通常診療となりますのでご了承ください。

8月12日(木)、13日(金)、14日(土)は夏季休暇の為、休診となります。

尚、8月16日(月)より通常診療となります。

よろしくお願いいたします。

2021年6月12日

コロナ禍における歯科メンテナンスの重要性、オーラルフレイルを予防するために

Dental Care during the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Pandemic: Preventing Oral Frailty and COVID-19 Infection ”

 

〇ポイント

  • 生涯にわたって生活機能を維持するためには、歯や口の健康が前提となる
  • 口腔機能の低下(オーラルフレイル)は新型コロナウイルス感染症の発症・重症化と双方向に悪影響を及ぼしうる
  • 患者さん個々人の状況、治療のメリット・デメリットを考慮し、感染予防策に取り入れながら、歯科の治療やメンテナンスを継続することが重要である

 

〇概要

大村基守・院長(日本大学臨床教授)は、コロナ禍による歯科受診控えと将来的な口腔機能の低下の関連を検討しました。その内容は英文誌COVID-19 Pandemic: Case Studies & Opinionsに2021年6月3日に掲載されました。

 

〇内容

2021年6月現在、コロナ流行は終息していません。その間、私たちの生活習慣は着実に変容しています。糖尿病や高血圧症などの慢性疾患で通院している患者さんでは、「病院に行くのが怖いな」と感じ、通院に躊躇する方もいます。歯科に関しても同様に、歯に違和感がある場合や、定期的なメンテナンスの時期になっても、受診するか悩むことがあるかもしれません。

寿命の延長にともない、生涯にわたって生活機能を維持していく(可能なかぎり元気な状態で生涯を全うする)ことが課題になっており、そのためは「虫歯があるか」「自分の歯が残っているか」にくわえて、「噛む機能」「飲み込む機能」など歯・口の機能を維持していくことが必須です。

口腔機能を維持するには、治療や定期的なメンテナンスが必要です。高齢期になっても口腔機能を維持するためには、歯や口に問題が生じてから受診するのではなく、若年期や中年期を通じて良い状態を維持していくことが大切になります。

大村院長は「小さな異常は、小さいため、見過ごされがちです。しかし小さな異常が長年にわたって持続すると口腔機能の低下につながります。高齢期になっても元気に過ごすためには、何歳でもあっても“今”を大切にして対処することが重要です」と述べています。

 

〇オーラルフレイルとコロナ流行

〇掲載情報

Omura A, Omura M.

Dental Care during the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Pandemic: Preventing Oral Frailty and COVID-19 Infection.

COVID-19 Pandemic: Case Studies & Opinions 02(02): 223–225.

 

リンク:

https://researchinfotext.com/article-details/Dental-Care-during-the-Coronavirus-Disease-2019-COVID-19-Pandemic–Preventing-Oral-Frailty-and-COVID-19-Infection

 

川口市のおおむら歯科医院です。

6月30日(水)の診療はコロナ感染対策の講習会の為、臨時休院となります。

 

ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

川口市のおおむら歯科医院です。

2月26日(金)は11:00から診療開始となります。

 

ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    Sorry, no posts matched your criteria.