Phone Icon048-256-4618

9:30~13:00/14:00~19:30

土曜日:18:00まで 木・日曜休診

Clock Icon

ネット予約

24時間受付中

icon

診療案内

Treatment

  • 入れ歯(義歯治療)とは

    入れ歯(義歯治療)とは

    入れ歯(義歯治療)入れ歯は昔からある治療なので「違和感があってしっかり噛めない」「しゃべりづらい」などのイメージがある方が多くいらっしゃいます。
    現在では、金属を一切使わず装着時の違和感もないミラクルデンチャーなど、審美的にも機能的にも向上した、より快適にお過ごしいただけるさまざまな入れ歯があり、他の治療方法に劣らず、歯の機能を回復する一つの方法として検討できます。
    保険適用と保険適用外のもので素材や形、装着方法が異なり、それぞれに特徴があります。患者さまの口内の状態とご予算・ご要望に合わせて、患者さまにより適した入れ歯を選んでいきましょう。

  • 入れ歯の種類

    部分入れ歯

    部分入れ歯

    部分入れ歯は歯を数本失った方のための装置です。
    連続した歯の欠損部分が大きく、ブリッジが行えない方や健康な歯を削りたくない方に適しています。着脱できるので、お手入れがしやすく、口内を衛生的に保つことができます。

    • 金属クラスプデンチャー(保険内診療)

      金属のバネを隣接する歯に引っ掛け、固定して使用する部分入れ歯です。
      保険内診療なので安価ですが、バネが金属なので目立ちやすいのが難点です。

    • ノンクラスプデンチャー(保険外診療)

      バネを使用しない、見た目が自然な部分入れ歯です。
      土台に強さと弾性が特徴の樹脂を使用することで入れ歯を固定できるので、バネがなくてもしっかりと歯を支えることができます。
      ※当院では、違和感や圧迫感がなく24時間快適に装着できる「ミラクルデンチャー」を取り扱っています。

    • アタッチメント義歯(保険外診療)

      残っている歯と入れ歯の両方にアタッチメント(固定器具)を取り付けて使用する部分入れ歯です。
      歯にしっかりと固定できるので外れにくく、噛む力も向上します。

    総入れ歯

    総入れ歯

    総入れ歯はすべての歯がない方のための装置で、人工歯と義歯床(ぎじしょう)と呼ばれる土台で構成され、歯肉との吸着力を支えにして使用していきます。
    顎は常に少しずつ変形していくので、定期的に調整し、作り替える必要があります。

    • レジン床義歯(保険内診療)

      義歯床がレジン(歯科用プラスチック)で作られた入れ歯です。
      ある程度の厚みがでてしまうので違和感が生じますが、安価で作成でき、修理しやすいのが特徴です。

    • 金属床義歯(保険外診療)

      義歯床が金属素材で作られた入れ歯です。
      金属の強度によりレジンより薄くすることができるので違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯を作製できます。

    • シリコン義歯(保険外診療)

      義歯床が生体用のシリコンでできた入れ歯のことです。
      適度な柔らかさでしっかりと密着でき、噛んだときの痛みも感じにくい入れ歯を作製できます。

  • 入れ歯の症例

    【症例1】ミラクルデンチャーでバネが見えない入れ歯 男性 70代

    治療前

    【症例1】ミラクルデンチャーでバネが見えない入れ歯 男性 70代

    治療後

    【症例1】ミラクルデンチャーでバネが見えない入れ歯 男性 70代