Phone Icon048-256-4618

9:30~13:00/14:00~19:30

土曜日:18:00まで 木・日曜休診

Clock Icon

ネット予約

24時間受付中

icon

診療案内

Treatment

  • インプラントとは

    インプラントとは

    近年、入れ歯やブリッジに変わる歯の回復方法として認知されてきたインプラントですが、インプラントとは「埋め込む」といった意味であり、歯科でいうインプラントとは、人工歯根のことです。
    歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め入れて支柱とし、その上に人工歯を被せて、見た目と機能の両方を回復させます。
    セラミックの人工歯は見分けがつかないほど自然な上、体になじみやすいチタン製の人工歯根を支えとすることでしっかりと噛むことができます。

    インプラントとは

    外科手術を伴うので、患者さまの不安をできるだけ軽減できるよう、当院では3Dシミュレーションシステムによる詳細なデータ結果をご覧いただきながら、治療内容について丁寧にご説明させていただきます。患者さまに適した治療計画を立て、安全なインプラント治療を提供いたします。

    当院では骨をドリルで削らない「大口式インプラント法」も行なっております。

  • インプラント治療のメリット・デメリット

    メリット

    • 違和感なく、しっかりと噛めますので食事を楽しめます。
    • 周囲の歯を削ったり、バネをかけるなどの負担がありません。
    • セラミックの人工歯を被せるので見た目が自然です。
    • 1本から複数の歯に対応できます。
    • 噛む刺激が伝わりやすく、顎の骨が痩せにくくなります。

    デメリット

    • 歯肉を切開する外科手術が必要です。
    • 保険適用外なので、費用が高額になります。
    • 他の治療方法に比べ、長期間の治療となります。
    • 顎の骨が少ない方は、骨を増やす治療も必要になります。
    • 全身の疾患がある方は治療できない場合があります。
    • 十分な口腔衛生の管理と定期的なメインテナンスが必要です。
  • インプラント治療の流れ

    インプラント治療の流れ

    インプラント治療に必要な各種検査を受けていただき、患者さまに合った治療計画を立案します。
    十分にご納得いただいたのち、計画に沿ってインプラントを埋め入れる手術を行なっていきます。
    次にインプラントと顎の骨の結合期間(およそ3ヵ月〜6ヵ月)を待ちます。この期間中、インプラントの頭部分を「露出させたままにしておく(1回法)」か、「いったん歯肉で覆う(2回法)」かで、手術回数が異なってきます。
    患者さまの顎の骨の状態によって、どちらかを選択していきます。その後はいずれも、インプラントと顎の骨との結合を確認後、セラミックの人工歯を被せ、治療が完了します。

    1回法

    • 1

      インプラントを埋め込む

      歯肉を切開します。
      インプラントを顎の骨に埋め入れ、インプラントの頭部分を露出させた状態で、手術完了です。
      インプラントと顎の骨がしっかり結合するまで期間を設けます。

      インプラントを埋め込む
    • 2

      アバットメントの連結

      インプラントと顎の骨の結合を確認後、露出させておいたインプラント部分にアバットメント(人工歯を固定するための部品)を取り付けます。

      アバットメントの連結
    • 3

      人工歯の装着

      人工歯と連結させ、噛み合わせの微調整を行ない、治療が完了となります。

      人工歯の装着

    2回法

    • 1

      インプラントを埋め込む

      歯肉を切開します。インプラントを顎の骨に埋め入れ、歯肉で覆った状態で縫い合わせ、1回目の手術を終えます。

      インプラントを埋め込む
    • 2

      治癒期間

      インプラントと顎の骨がしっかり結合するまで期間を設けます。

      治癒期間
    • 3

      アバットメントの連結

      インプラントと顎の骨の結合を確認後、歯肉で覆ったインプラントの頭部分を露出させるため、2回目の歯肉切開を行ないます。
      露出したインプラント部分にアバットメント(人工歯を固定するための部品)を取り付けます。

      アバットメントの連結
    • 4

      人工歯の装着

      人工歯と連結させ、噛み合わせの微調整を行ない、治療が完了となります。

      人工歯の装着
  • 大口式インプラント

    インプラント治療に必要な各種検査を受けていただき、患者さまに合った治療計画を立案します。
    十分にご納得いただいたのち、計画に沿ってインプラントを埋め入れる手術を行なっていきます。
    次にインプラントと顎の骨の結合期間(およそ3ヵ月〜6ヵ月)を待ちます。この期間中、インプラントの頭部分を「露出させたままにしておく(1回法)」か、「いったん歯肉で覆う(2回法)」かで、手術回数が異なってきます。
    患者さまの顎の骨の状態によって、どちらかを選択していきます。その後はいずれも、インプラントと顎の骨との結合を確認後、セラミックの人工歯を被せ、治療が完了します。

    インプラント10年保証(有料)

    当院ではインプラント治療を受けられた患者さまに対し、インプラント治療が終了した日から10年間にわたりインプラントを保証する制度をご用意しています。
    ※ただし、保証料が別途かかりますので、詳しくはご相談ください。

  • インプラントの症例

    【症例1】男性 30代

    治療前

    【症例1】男性 30代

    治療後

    【症例1】男性 30代

    【症例2】女性 50代

    治療前

    【症例2】女性 50代

    治療後

    【症例2】女性 50代

    【症例3】女性 50代

    治療前

    【症例3】女性 50代

    治療後

    【症例3】女性 50代

    治療前

    【症例3】女性 50代

    治療後

    【症例3】女性 50代

    【症例4】歯ぎしりでダメージを負った歯を改善 審美治療+インプラント

    治療前

    【症例4】歯ぎしりでダメージを負った歯を改善 審美治療+インプラント

    治療後

    【症例4】歯ぎしりでダメージを負った歯を改善 審美治療+インプラント